2017年は暗号通貨元年!シリーズ②「ビットコインって何?」

ビットコイン

2017年は暗号通貨元年!シリーズ②「ビットコインって何?」
  • キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
  • キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう

仮想通貨は、正式には『暗号通貨』です!

 『仮想通貨』と言われていますが、正式には、『暗号通貨』というのが正しいのです。海外では、その国々の通貨より、暗号通貨の方がはるかに安全で安心と言われている国も実際に存在します。
 実は、日本でも、暗号通貨の技術を採用しているのです。今後、暗号通貨で支払の決済がどんどん増えていく可能性が高いのです。現に、法的にも暗号通貨はお金だということが認められ、公共料金の支払いができるなどのインフラも整ってきていますね。一部の人の間でしか使われなかった通貨が、「多くの人が日常的に使う通貨」に変わってきているのです。
 多くの方がビットコインなどの暗号通貨に対して、正しい知識を持ち、使いこなしていくことが、安心して便利な通貨を世界中で使うことができる、まさに新世代のお金なのです。

ビットコインはどうやって使うの?何ができるの?

ここではビットコインの可能性に迫ります。

 ビットコインは、ネット上で存在する暗号通貨の一つで、「仮想」「暗号」と言われているために、「仮想上のお金」や、「本当にお金として使えるの?」など、不安を感じてしまいますが、法律で認められた、ちゃんとしたお金なのです。
 実際に、紙幣や小銭というような、実物のないビットコインは、いったいどのように使えるのでしょうか?
 主にビットコインは、中国や東南アジア、欧米等、多くの国で使われています。お金としての実態はありませんが、「円」「ドル」「ユーロ」と同じに使用できる、正に新しいネット上のお金なのです。

◆FXやバイナリーオプションのように、ビットコインの売買でリターンを得る
◆日常生活の買い物の代金をビットコインで支払う
◆世界中に送金をする(海外留学している子供に生活費を送る)
◆小額の寄付等

本当にリアルマネーと同じなんですね!

『ビットコインの売買でリターンを得る』とは?

 現在、ビットコインを利用できる、インフラが急速に整ってきてはいますが、生活の中で取り入れられているというよりは、投資としての扱う方の方が圧倒的に多いです。既に日本では暗号通貨の取引所がありますが、ビットコインの価格が安い時に買い、価格が高い時に売る、ということができるのです。そして、数百円から売買ができることから、若い人や、子育て世代など、手軽に投資をすることができるのも、暗号通貨の魅力と言えるでしょう。投資というと、お金に余裕がある方がやるものだと思いがちですが、少し身近に感じますね。日本における暗号通貨の取引量は2016年10月現在で100億円を超えるときもあり、取引している人は、数百人から数千人に及び、株をやる人ほどではないものの、取引所に口座を開設している方は、実に30万人に上ります。今後はもっと人口が増えていくものと予想されています。

 ビットコインは、発行量が決まっており、今後減ることもなければ増えることもありません。ビットコインの欲しい人が増えれば価値が上がり、売る人が増えれば価格が下がるという、価格の決定が非常にシンプルです。株式などは、銘柄選びが難しく、企業の財政状態や、その他企業の確認もしなければならない、とてもハードルが高い投資ですが、ビットコインはシンプルなので気軽の投資をする方がいる、投資としてもハードルが低い、というわけなのです。

『日常生活の買い物の代金をビットコインで支払う』とは?

 私たちは、物を買う、食事をする、遊びに行くなど、日常で生活するのに、毎日のように日本の(その国の)紙幣や通貨を使って支払いをしてきました。現金を払う、クレジットカードで支払い、翌月に銀行から現金が引き落とされる、現金がチャージされたSuicaなどの電子マネーで支払う、銀行口座から直接引き落とされるデビットカードを使うなど、さまざまな支払い方法で生活をしてきました。その時々のシーンに応じて、使い分け、支払いをしてきましたね。
 ビットコインでも同じように使うことができるのです。日本円で1万円分の買い物をしたら、1万円相当のビットコインを専用のビットコインウォレットで支払うことができるのです。ビットコインには、リアルな形がないので、現金のように、お財布が存在しません。ではどうやってビットコインで支払うのか?
 それは、スマートフォンの中の、ビットコイン用のアプリをインストールし、連動しているビットコイン取引所の口座から直接デビットカードのように使うことができるのです。専用アプリで、お店の端末にスマホをタッチさせ、代金を支払うことができるのです。
 本当に、リアルなお金と変わらないですね。今や、ビットコイン決済ができるお店がどんどん増えています。東京の寿司屋、バー、下町の焼き肉店など、クレジットカードで支払うのと同じように、ビットコインでも決済ができてしまうのです。画期的です。今後、どんどん使える店が増えていきます。

 どうして、ビットコイン決済に参入している店舗が増えているかわかりますか?お店側にしてみると、クレジットカード決済では、手数料が発生しているからなのです。店舗がクレジットカード会社に数パーセントの手数料を払っているのです。ところが、ビットコインだと、この手数料が大幅に少なく済むというこの事実。今後ますますビットコインから目が離せません。その事実を素早く察知したお店側は、決済にかかる手数料を抑えることができるので、ビットコインの普及を、待ち望んでいるのではないでしょうか?

 この決済機能は、ビットコインをはじめ、暗号通貨の大きな魅力であり、クレジットカードに代わる可能性が十分に考えられます。

 実際に、海外のAmazonでは、ビットコイン決済を始めており、そのエリアが拡大されれば、日本のAmazonでもビットコイン決済が採用されれば…

ますます、ビットコインの価格が上がる可能性があるのではないでしょうか。Suicaや、そのた電子マネーが広がっていったように、ビットコインが使えるお金も今後どんどん増えていくでしょう。

Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
1
  • 旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
  • 旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

関連記事

月別アーカイブ

次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ