ひふみんこと「加藤一二三」さんってどんな人?

ニュース

ひふみんこと「加藤一二三」さんってどんな人?
  • 旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
  • 稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

加藤一二三さん

1940年1月1日生まれ。福岡県嘉麻市(旧嘉穂郡稲築村)出身。近年のメディア出演増加により「なんか面白い将棋のおじいちゃん」扱いされることも多いが、打ち立てた記録の数々は「レジェンド」と呼ばれるにふさわしい大棋士である。通称は「神武以来の天才」。ちなみに本人はこの呼び名をあまり好きではないとかにゃんとか。

1954年、14歳7ヶ月で四段昇段(プロ入り)
2016年に藤井聡太が14歳2ヶ月で四段昇段を果たすまで、62年間破られなかった大記録。
18歳でA級八段に到達(C2からA級到達まで、全て1期抜け達成。現行制度では他に中原誠のみ)
20歳で名人挑戦。こちらは最年少記録として未だ破られていない。
タイトル獲得は名人1期の他、王将1期、十段3期、王位1期、棋王2期の計8期。
トップ10人しか在籍できない順位戦A級は計36期在籍、歴代2位の記録。還暦過ぎてもA級にいました。
2017年1月3日に丸田祐三九段の持っていた現役最年長記録(77歳1日)を更新。
2017年1月20日、B級1組に所属する飯島栄治七段を撃破し最年長勝利記録も更新。しかもこの時、前日に順位戦の規定による引退が決定していた。
前述した藤井聡太四段の公式戦デビュー戦(竜王戦6組トーナメント戦)の対局相手となり、2016年のクリスマスイブに藤井と史上最大年齢差・62歳差の対局が実現した。
通算成績は2505戦・1324勝1180敗1持将棋。2017年6月20日、竜王戦6組トーナメント戦・高野智史四段戦で敗北し、62年10ヶ月に渡ったプロ生活に終止符を打った。勝ち数は大山十五世名人、羽生善治三冠に次ぐ歴代3位、対局数・通算敗北数・勤続年数は2017年現在、歴代1位。

何より特筆すべきは「1180敗」と言う最多敗北記録である。強くなければ対局数は増えず、さりとて負け続ければ早々に引退の憂き目にも遭うプロの世界で、1000回を超える敗北に63年間も立ち向かい続けた凄まじさこそ語り継がれるべきであろう。

出典 http://dic.nicovideo.jp

愛称は「ひふみん」その愛されキャラ・人気

棋界でも有名ですが、「ひふみん」との愛称で、多くの人から愛され、可愛いと大人気。Twitterのフォロワーも大変多く、愛されキャラのひふみんです。

その人柄もさることながら、素晴らしいのは、

通算成績は2505戦・1324勝1180敗ということ。
なんと、最多敗北記録の持ち主ということ。普通は、敗北が続けば
多くの方が引退を余儀なくされますが
敗北し続けても戦い続けた、戦士なのです。

人間として、強さを感じました。諦めない、くらいついていく
負けたって関係ない、自分の将棋をするだけだ…という
誰もが持ちたくても持てない強さを、加藤一二三さんは持っていると思います。

そこが、人気の根底にはあるのではないでしょうか?

正にレジェンドです。

解説役としても、途中でジュースを飲んだりしてしまう
自由なところが、可愛いですね。

これからも、大活躍を期待しています。

【加藤一二三九段引退】NHK杯で羽生4冠に快勝した将棋

それでは、Twitterの投稿も見てみましょう!

キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
1
  • キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
  • 今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ

憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!