みんなが大好き「ドーナツ」について調べてみました!

スイーツ

みんなが大好き「ドーナツ」について調べてみました!
  • 旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
  • 誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう

みんなが大好き!大人気ドーナツ!

昔から、年代を問わずみんなが大好きなドーナツ!

コンビニに行っても、そのお店オリジナルなドーナツが
カラフルに並んでいますね。

家でも作りたい、とレシピの投稿もたくさんあります。

いろいろな色、味、食感を持ったドーナツは
いつの時代も人々の心を魅了しています。

ドーナツの由来

ドーナツ

ドーナツの原型は、オランダからで、小麦粉・砂糖・卵で作った生地を酵母で発酵させ、ラードで揚げたボール状のオリーボルという菓子だと言われているそうです。
オランダ人はこれを「オリークック(Olykoek)」と呼んでいたとか。
非常に高級なもので、クリスマス、あるいは復活祭、または誕生祭などに家庭で作られ、お互いプレゼントし合っていたようです。
当時は揚げたボール状の菓子(この頃はお菓子の真ん中に穴は空いてなかった)にクルミがのったものでありました。
これがドーナツの名前の由来に関係が深く、「生地」という意味の「Dough(ドウ)」と、「木の実(クルミ)」という意味の「Nut(ナッツ)」がくっついて、生地で作った木の実「ドウナッツ(Doughnut)」という意味からその名前の由来はきたそうです。

1620年、弾圧に苦しんだイギリスの清教徒が理想の国を求めてメイフラワー号にのって新大陸を目指します。
この人たちはその前に宗教寛容政策をしていたオランダに一旦亡命していたと言われ、その時に、オランダでドーナツの原型に触れる機会があったのでしょう。
その中の誰かが製法を学んだのか、あるいはオランダからも移民する人がいたのか・・
とにかくドーナツの原型はオランダからアメリカに伝わったのでした。
だから我々はドーナツ=アメリカと考えるわけですね。
新大陸への移民がドーナツを食べていたのは確かで、1809年のワシントン・アーヴィングの作品には17世紀のオランダ系移民の暮らしを紹介する文中で「食卓で誇らしい事とされているのは、ラードで揚げた甘いドゥ(パン生地)のボールが山盛りで、いつも出されることだった。
その名前はドーナッツ、またはオイル・ケーキと呼ばれた。」と書かれているそうです。

それから時が流れてドーナツ店がチェーン展開をするほど大流行したのはのは第二次世界大戦後の1950年前後。
これには、二度の世界大戦時に、ヨーロッパにおいて救世軍・アメリカ赤十字・YMCAといった慈善団体が兵士の慰問業務活動の中で、ドーナツを無料配布したという歴史も深く関係しているそうです。
これ以来、ドーナツは世界中に「栄養のあるおやつ」として広まることになります。
私は腹持ちばかり気にしてましたが、栄養価が高いんですね。

日本へのドーナツチェーン店の上陸は1971年ダンキンドーナツとミスタードーナツによって。
しかし、ダンキンドーナツは1998年に撤退。
ということで、現在は「ミスド」の独壇場となっております。
つまり、あの愛嬌たっぷりのリング型は、世界を繋ぐ「友達の輪」なのかもしれません。

出典 http://www.yuraimemo.com

おもちゃの世界でもドーナツショップ!

リカちゃん!懐かしい。

昔よく遊びました。
私の娘も遊んでいました。

こんなドーナツショップがリアルにあったら
面白いですね。

どの世界でも、ドーナツはやっぱり大人気!

ドーナツを家で作ってみよう!

手作り感満載のドーナツ!
とても美味しそうですね。

ドーナツの形に落ちてくるあのグッズ
本当にすごいと思います。

トッピングをしたら、いろいろな
バリエーションのドーナツが
たくさん作れますね。

簡単かわいい!ダイソーの型で生ドーナツの作り方!

ダイソーなどの百均ショップのキッチンコーナーへ行くと
ワクワクしますよね。

なんだか、お菓子が作れるような気がしてしまいます。
本当に侮れないキッチングッズ。

私もドーナツ作りたくなってきた…

藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
1
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
  • 稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ

藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!